オーストラリアの郵便局の営業時間は?切手の買い方は?手紙の住所の書き方は?


オーストラリアの郵便局の営業時間は何時から何時でしょうか?
オーストラリアでは切手はどうやって買うのでしょうか?
オーストラリアから日本に手紙を出す時、手紙の住所の書き方はどう書けば良いのでしょうか?

ここではオーストラリアの郵便局の営業時間や、切手の買い方、手紙の住所の書き方などについて紹介します。

■オーストラリアの郵便局

郵便局は大きなショッピングセンターには殆ど入っています。

オーストラリアの郵便局では、切手や郵送用の箱、封筒、などの他に、本や、ぬいぐるみなどいろいろなものが売っています。
電気料金などの支払いもできます。

クリーニングを扱う郵便局もあります。

扱うものは郵便局によって違います。

■オーストラリアの郵便局の営業時間

郵便局によって営業時間は違います。

平均して8時半から5時ぐらいです。

■オーストラリアの郵便局のポスト

ポストは赤と黄色のポストがあります。

赤が普通郵便、国際郵便です。
黄色がExpress Postで速達のような郵便用です。

日本に手紙を出す時は赤のポストに入れて出します。

■オーストラリアから日本に手紙を出す時の住所の書き方

表の宛名の住所は日本語で全部書いても大丈夫です。
最後に少し大きめで目立つようにJAPANと書いておけは送ることが出来ます。

裏には自分の住所を書きますが、これは英語で書いておきます。

日本語だと宛先不明の時に戻ってこないので英語で書いておきましょう。

■切手の買い方

切手は郵便局で買えます。
郵便局に行き窓口で手紙を見せれば、その手紙の重さを計って手紙に合わせた切手を買うことができます。

定型サイズの手紙であれば他にはニュースエージェンシーでも買うことが出来ます。
ただ、ニュースエージェンシーによっては国際用の切手を扱っていない場合もあります。

ホテルに滞在であればホテルでも扱っていることもあります。

ホテルの受付で聞いてみれば、無料のホテルのポストカードも貰えたりする場合もありますから尋ねてみると良いと思います。

■さいごに

オーストラリアの郵便局もいろいろなものが売っていますから、面白いので時間があれば一度見に行ってみて下さいね。

オーストラリアの観光でホテルに滞在であればホテルでホテルのポストカードを貰い日本の自分の住所に送っても後から思い出になって良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする