オーストラリアのゴールドコーストの治安は良いの?悪いの?注意点は何?


オーストラリアのゴールドコーストの治安は良いのでしょうか?
オーストラリアのゴールドコースト注意点は何でしょうか?

オーストラリアのゴールドコーストの治安や注意点について紹介します。

オーストラリアのゴールドコーストの治安は良いの?悪いの?

オーストラリアのゴールドコーストの治安は悪くないと思います。
日本ほどではありませんが、世界的にみても、メキシコや海外の治安の悪い国と比べれば良いと思います。

昼間は殆どの場所が一人で歩いても安心です。

一般の店でクレジットカードで買い物しても、治安の悪い国はカードの内容を盗まれたりしますが、カードの内容を盗まれることもありません。

オーストラリアのゴールドコーストの注意点は何?

夜中に一人で歩かない

注意点は、日本も同じだと思いますが、夜中に一人で繁華街を歩いたりすることは大変危険です。
ですから、絶対にしてはいけません。

公園や人通りが少ないところも一人では歩かないで下さい。

お金

日本人の人がよくやることで、絶対やってはいけないことは、平気で人前で持っているお金を全部出して数えたりすることです。

オーストラリアのお金はカラフルで玩具みたいでお金の感覚が薄れると観光客の人はよく言います。

でも、お金です。

店でお金を払う時、わからなくて持ってるお金を全部出してしまう人が多いです。

絶対にしてはいけません。
誰が見ているかわかりません。

観光客狙いの悪い人はいっぱいいます。
特に日本人はすぐに観光客だと分かってしまいます。

ですから、外に行く時は、現金をたくさん持ち歩かないで下さい。

ホテルも安心できません。

ホテルにはいろいろな人が出入りしています。
犯罪者は、ホテルにはお金を持った油断をいている観光客が多いことを知っています。

ですから、ホテルのロビーでお金を数えたりしている人がいますが絶対やめましょう。

お金を盗もうとしている人の前で、お金を出して数えていたら犯罪者の餌食になることは確実です。

クレジットカード

クレジットカードで買い物する時には、オーストラリアはサインではありません。

暗証番号です。

暗証番号を機械のボタンを押す時に手や財布など、何かで隠して押しましょう。
どこで誰が見ているかわかりません。

必ずこうしないと本当に危険です。

海外旅行傷害保険:最高2,000万円 海外ショッピング保険:年間200万円

リクルートカード_PC

バック

バックを置きっぱなしにしたり、バックの口を開けっ放しにして財布が丸見え状態で持ち歩いたり、しないで下さい。

ホテルのレストランでも、バックを置きっぱなしにしたりしてはいけません。

パスポート

パスポートは、コピーを持ち歩きましょう。

ホテルの部屋

ホテルの部屋の中にも、貴重品を置きっぱなしにしないで、セーフティボックスにいれるか、ロビーに預けましょう。

ビーチ

ビーチで、貴重品を浜辺に置きっぱなしにして、海で泳いで戻ってきたらなくなっていた、ということはよく起こることです。

絶対に置きっぱなしにしてはいけません。

悪い人はいつも盗む機会を狙っているんです。

知らない人

そして、知らない人をすぐ信用しないでください。
観光客狙いの犯罪者かもしれません。

Yahoo! JAPANカード

Tポイントがザクザクたまる!

さいごに

オーストラリアのゴールドコーストは治安が良いからと言って安心して犯罪者に目をつけられることはしないようにしましょう。

楽しい旅行にするためには、上記のことを気を付けて下さいね。

何かあった時のために、海外傷害保険保険に入っていれば安心です。

海外旅行傷害保険が無料で付いている海外旅行傷害保険付きクレジットカードもあります。

三井住友トラスト・カード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする