オーストラリア旅行で病気やケガ!どうしたら良い?


オーストラリア旅行で、英語が話せないのに病気やケガで具合が悪くなり困ってしまうこともあります。

日本と違ってオーストラリアは英語です。

オーストラリア旅行で病気やケガになった時の注意点や対処法を紹介をします。

オーストラリア旅行で病気やケガになった時 どうしたら良い?

楽しいオーストラリア旅行も、突然、病気やケガで具合が悪くなってしまうこともあります。

オーストラリア旅行では言葉が通じなくて心配なこともあります。

英語が話せるなら良いのですが、英語も話せないと、どうしていいのか困っていまします。

特に、オーストラリアは自然が多い国でツアーで山登りや、サーフィンや、スノーケリング、泳いだりしてゲガや病気になることもあります。

オーストラリアは日本より朝と夜の温度差も激しいので風邪をひく人も多いです。

ちょっとした風邪などは、日本から持ってきた市販の風邪薬を飲めば大丈夫だと思います。

でも、ちょっとおかしいと思ったら医療機関に診てもらうことが大切です。

ホテル内

もし、ホテル内でしたら、フロントに電話をして、医者を呼んでもらいましょう。

Please call a doctor, quickly
プリーズ コール ア ドクター クィックリー

と言って手配してもらいます。

オーストラリアのゴールドコーストの日本語医療センター

ゴールドコーストには日本語医療センターがあります。

お医者さんはオーストラリア人ですが、有料で通訳してくれます。

もし、海外保険に入っていれば医療費は無料で通訳も無料でつきます。
ですから、英語が話せない人も安心して医療機関に診てもらうことができます。

以前、ホテルで働いていた時、お客様が足を引きずって歩いていたので、どうしたのか聞いてみたら、

「ツアーで山登りをした時に転んでから足が痛い」
とおっしゃっていました。

「医者に診てもらった方がいいですよ。」
と言ったのですが、

「どこに行ったら良いのかわからないし、多分大丈夫」とおっしゃいましたが

海外保険に入っていれば無料で、日本語通訳がつく医療機関があるのでそこを紹介してあげました。

次の日そのお客様に会ったら、松葉杖をついていて
「骨が折れてて医者に診てもらって良かった。ありがとう」と言われました。

海外傷害保険

オーストラリアは医療費が、かなり高いです。

ひどい病気やケガで病院に入院や手術となったら本当に高いです。

病院は1日入院するだけでも10万円以上、麻酔薬も10万円以上です。

海外傷害保険に入っていれば病気や怪我をした時にも安心です。

海外傷害保険が無料で付いたクレジットカードもあるようです。

海外旅行傷害保険付きクレジットカード
三井住友トラスト・カード

オーストラリア 24時間日本語医療サービス

ゴールドコースト

24時間日本語医療サービス
電話 1800 123-119

ケアンズ

24時間日本語医療サービス
1800-688-909

CLTメディカルサービスセンター
1800-450-110

シドニー

24時間日本語医療サービス
1800-355-855

メルボルン

24時間日本語医療サービス
1800-777-313

緊急

キャンベラ

キャンベラ日本国大使館
02-6273-3244

ケアンズ

ケアンズ日本出張駐在官事務所
07-4051-5177

ゴールドコースト、ブリスベン

ブリスベン総領事館
07-3221-5188

シドニー

シドニー総領事館
02-9250-1000

メルボルン

メルボルン総領事館
03-9679-4510

パース

パース総領事館
08-9480-1800

海外旅行傷害保険:最高2,000万円 海外ショッピング保険:年間200万円

リクルートカード_PC

さいごに

常備薬は日本から持っていくようにした方が安心です。

そして、海外傷害保険に入っていれば安心です。
今は海外傷害保険が無料でついている海外旅行傷害保険付きクレジットカードもありますね。

初めてのオーストラリア旅行だからと、欲張ってあちこちみたいと言って、シドニー、ケアンズ、メルボルン、ゴールドコーストという移動がいっぱいのツアーの人がいますが、皆さん後悔しています。

移動で時間が取られて、それだけで疲れてしまうと皆さん口を揃えておっしゃっていました。

一箇所でのんびりしたオーストラリア旅行の方が身体に楽です。
無理をしないで旅行を楽しみましょう。

Yahoo! JAPANカード

Tポイントがザクザクたまる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする