オーストラリア ゴールドコースト空港とは?出国、搭乗手続きはどうするの?

オーストラリア ゴールドコースト空港は、クイーンズランドのゴールドコーストのクーランガッタにある空港です。
小さな空港ですが、国内線と国際線があります。
オーストラリア ゴールドコースト空港での出国、搭乗手続きチェックインの紹介をします。

オーストラリア ゴールドコースト空港の搭乗手続きチェックインの方法は?

ゴールドコースト空港では今は殆ど自動で自分で搭乗手続きチェックインをします。

ジェットスターで日本に帰る時は機械にパスポートを挟んでタッチスクリーンの画面に現れた言葉を選んで、その画面を触って進みます。

そして、最後には機械から預ける荷物に付けるバーコード付きの帯が出てきます。これは裏側を剥がすとシールになっているので荷物に付けます。
そして、ボーディングパスも出てきます。

それからそれらを持って、荷物預かりのところに行きます。

これも自動なので自分でボーディングパスを機械にバーコードを合わせて乗せると画面がでてきて荷物を乗せるようにと出ます。そしてベルトコンベアーのところに荷物を置きます。
そして、荷物は運ばれて中に行きます。

前回行った時は荷物を預けるのも搭乗手続きチェックインもすべてスタッフがしてくれたのですが、今回は全部自分でしないといけませんでした。

一応、機械のそばにはスタッフがいますから、わからなかったら手伝ってもらえます。

☆1000社以上の企業が利用の英会話レッスン
2回無料体験レッスン受講⇒オンライン英会話レアジョブ

手荷物の数はいくつまで?

手荷物は2つまでです。

荷物検査

搭乗手続きチェックインをしてから、手荷物を持って出国のところに行きます。
荷物検査をします。
ここは、国内線も、国際線も一緒にします。
ノートパソコンを私は持っていきましたが、バックから出さないといけませんでした。
それが終わったら、国際線の荷物検査の所に行きます。

それが終わると、イミグレーションです。

イミグレーション

ここも以前は人がしていたのですが、すべて機械になっていました。
機械にパスポートを入れます。
それが済むと前に進み又パスポートを機械に入れます。

そこで、メガネをかけていた私はスタッフにメガネを取るように言われ、メガネを外して、それで終わりになりました。

パスポートに判を押してもらうこともなく出国カードに記入することもなく本当に簡単に終わりました。

一応、ここイミグレーションも自動ですが、スタッフがいますから、わからなかったら手伝ってくれますから大丈夫です。

TRSとは?

その後TRSと言うところがありますから、そこで税金の払い戻しをして貰うことができます。

商品と領収書を持っていきます。
クレジットカートを渡せば、そこに入れてもらえるので簡単です。

もし、税金の払い戻しをする人は混んでいることもありますから、飛行機に間に合うよう早めに行った方が良いです。

それが終わったら、のんびり飛行機を待ちましょう。

空港の中

中には免税品を買ったりできる免税店や、お土産物屋さん、コーヒーショップがあります。
お土産物屋は値段が高いです。

ティムタムは5ドルほどしてました。
スーパーではティムタムは高くても3ドルです。

箱に入ったチョコレートは15ドルほどでしたから、やっぱり空港の中は高いと思います。

水を飛行機の中で買うと高いと思い空港内の店で買ったら4ドルでした。
後で気がついたのですが、自動販売機がありました。
自動販売機の水は3ドル60セントでした。

飛行機の中

飛行機の中では水もコーヒーもカップヌードルCUPNOODLEも買えます。
でも、クレジットカートだけでしか買うことができません。

ですから、クレジットカードは必要です。

オーストラリア旅行で残ったお金は飛行機の中では使えないので、空港で使うほうが良いです。
両替は手数料が取られますし、小銭はできません。
残った小銭はおみやげにするか、寄付をしても良いですね。

Yahoo! JAPANカード

Tポイントがザクザクたまる!

さいごに

オーストラリアは人件費が高いので、どんどん機械化が進んでします。
私は機械が苦手だから人の方が良いのだけれど・・・

英語が苦手な人はツアーでツアーガイドが付いていたほうが良いかもしれません。

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!
海外旅行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする