オーストラリア旅行でのオーストラリア入国審査!注意点は何?

オーストラリア旅行 でのオーストラリア入国審査で気を付けないといけない注意点があります。

ここではオーストラリア旅行でのオーストラリア入国審査で特に気を付けなくてはいけない入国カードの記入や、どんな事に気を付けたら良いのかを紹介します。

入国審査

飛行機を降りてからパスポートと入国カードを持って入国審査の列に並びます。

入国カードは飛行機に乗った時に飛行機の中でもらえます。

日本語の入国カードがありますから、日本語の入国カードを貰いましょう。

時々、飛行機の中で日本語の入国カードがなく英語の入国カードを貰う場合があります。

オーストラリアの入国審査のところに日本語の入国カードがおいてありますから、オーストラリアに着いてから、日本語の入国カードに記入すれば大丈夫です。

列に並んで待っていると審査員がパスポートにハンを押してくれます。

ほとんど質問もなしですが、時々滞在期間、滞在目的などの簡単な質問をされるときもあるようです。

列に並んでいる時、日本人の人は自動でできる列に行ったほうが早いからと案内される時があります。

自動の機械にパスポートを入れ日本語の質問に答えると、カードが出てきます。

そのカードとパスポートを持って別の列に行きカードを入れて前にある機械を見ていると審査が終わりカードが出てきます。

☆1000社以上の企業が利用の英会話レッスン
2回無料体験レッスン受講⇒オンライン英会話レアジョブ

入国カードの記入

姓名をローマ字で書いて

パスポートナンバーを記入

搭乗の飛行機名を記入

滞在予定先は、ホテル名などを記入

一年滞在予定の人ははい、それ以外の人はいいえに☓を記入

結核にかかっていますか?はい、いいえ にX

犯罪歴がありますか?はい、いいえ にX

その後の質問にはい、いいえにXを付けます。

この問題はとても大切で、もしわからなかったら、とりあえず、はいにXを付けておきます。

食品の持ち込みにオーストラリアはとても厳しいのです。

この時に、はいと記入すれば、後で持ち込み禁止の物を持っていても捨てられるだけで罰金にはなりません。

けれども、いいえにしておいて、持ち込み禁止の物を持っているのが見つかってしまった場合は、罰金でブラックリストに登録されてしまいます。

ですから、よくわからない場合はとりあえず、はいにXを付けておきます。

そして、食品類は分けて入れておいてすぐに見せることができるようにしておくと良いです。

荷物の受取り

自分が搭乗した便名が表示されたターンテーブルから荷物を受け取ります。

税関申告

申告のために荷物を持って並びます。
この時パスポート、入国カードと自動で入国した人は機械からのカードも一緒に持ちます。

(列に並んでいる時、途中で、審査員が入国カードを見て質問することがあります。

その時すぐに食品などを見せることができるようにしてあると、その場で審査してカードにスタンプを押してくれるので早く済みます。)

そして、審査員に見せます。
審査員はパスポート以外は回収し、並ぶ場所を指定します。
言われた通りのところに行きます。

食べ物などの申告をした人はそこで審査されます。

何もなかった人は、そのまま外に行くことができ、オーストラリを満喫することができます\(^o^)/

Yahoo! JAPANカード

Tポイントがザクザクたまる!

さいごに

楽しいオーストラリ旅行にするためには特に入国カードを正直に書くことが大切です。

黙っていればわからないと思っていても、頭の良い犬も空港内を歩き回っていますから、すぐ見つかります。

正直に申告すればいけないものでも捨てられるだけで済みますから、必ず申告しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする