オーストラリア旅行の日本出国!注意点は?スーツケースに入れていけない物!


楽しいオーストラリア旅行 海外旅行での日本出国で気を付けないといけない注意点があります。
ここではオーストラリア旅行での日本出国でどんな事に気を付けたら良いのか注意点を紹介します。

オーストラリア旅行で日本を出国する時にスーツケースに入れていけない物や手荷物できない物などを知っておきましょう。

搭乗手続き

航空会社のカウンターに行きパスポートを渡し荷物を預けます。
そして、搭乗券を受け取ります。

■スーツケースに入れていけない物

マッチ、ライター、携帯電話、バッテリー、充電器、携帯や電子カメラなどのスペアー充電器バッテリー

最近、充電器などをスーツケースに入れたまま預ける人が多いので、預けた後に
「荷物検査の再検査をお願いします。これができないと飛行機に搭乗することができません。」
と言う呼び出しをされている人が多いです。

セキュリティチェック

ボディチェックとX線による手荷物検査

■手荷物に入れていけない物

ナイフ、高圧ガス、オイルライター、花火、爪切り、眉毛バサミなど

■機内への液体持ち込みできないもの

飲料、化粧品、ヘアースプレーなどの液体物、ジェル、エアゾール類など

■機内への液体持ち込み制限

1リットル以下の無色透明のジッパー付きプラスチックバックに入れる
一人一袋
手荷物検査の際、検査員に提示する

・あらゆる液体物は100ml以下の容器に入っていること
・100mlを超える容器に100ml以下が入っていても持ち込み不可

税関

貴金属、外国製品の所持者は「外国製品の持ち出し届け」に記入して現品とともに税関に提示します。

提示を怠ると帰国の際、海外購入とみなされ課税対象になる場合もあります。

100万相当額を超える日本円、外貨、TCなどの所持者は「支払い手段の携帯輸出、輸入届書」を記入して税関に申告します。

何もなければ申告する必要はありません。

出国審査

出国審査のブースに行きカバーを外したパスポートと搭乗券を審査官に提示します。
出国のスタンプをパスポートに押してもらい終了です。

搭乗

搭乗ゲートは、搭乗券に記入されています。
案内板やモニターで確認して行きます。

出国

飛行機に搭乗し日本出国です。

さいごに

初めてのオーストラリア旅行が、わくわくとドキドキの楽しい旅行になることを祈っています。
オーストラリアの人は日本人が好きな人が多いです。
楽しんで下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする